くぷぷ日記

セキセイインコの家族4羽と保護した子猫の成長記録のブログでしたが、今後は全面刺しクロスステッチのHAEDの進捗状況が多くなりそうです。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 病気・体重
CATEGORY ≫ 病気・体重
       次ページ ≫

《インコ》 ルビ 落鳥


今朝、ルビが亡くなりました。

今日は旦那が休みでした。
毎日の習慣で、いつもと同じ時間に起きて二度寝できない彼は、
休日の朝はペットのエサやりをしてくれます。

その間、私は寝坊させてもらってますが、
今朝はルビが死んだとのことで起こされました。


ルビは、うつぶせになり、目は開いたままでした。

持ち上げてみると、まだ温かく、頭が動いたので驚きましたが
ただ重みで下がっただけでした。



〈闘病中〉

たくさん水分を摂らせたいから
なるべく点滴に通ってほしいと言われましたが、
最初の三日間だけ続けて通い、その後は
週1で通っていました。

家での水分補給は、トマトとレタスと
きゅうりを先生にすすめられました。

でも、どれも食べないので、発情しやすいと言われ
与えるのをやめていた豆苗を久しぶりにあげましたが、
最初しか口をつけませんでした。


以前、ハーブティをあたえたことを思い出し
どうせなら、利尿作用や腎臓に効果があるものを調べました。

ときどき自分でブレンドして飲むので、
シングルで30種類くらいストックがあります。

その中から、ネトル、レモングラス、ダンディライオン、
ワイルドストロベリーの4種をブレンドしました。

毎日、夕方の放鳥中にハーブティを作り、
氷1個で冷ましてから与えると3回くらいは口をつけます。

その後、ケージに移動して翌朝までおいておきます。
朝は、前日のハーブティを冷蔵庫に冷やしてあるので、
それを与えていました。

20180707IMG_2503.jpg


尿酸のたまった足。

20180707IMG_2608.jpg

たまった尿酸を注射で抜くと出血が止まらなくなくことがあるそうで
自壊してもいいように、抗生剤入りの薬を飲んでいました。



7/1(日)の通院では少し体重が戻って喜びましたが、
その後、二日間、急に食欲が落ちました。

三日目、四日目は少し食べる様になり、
ケージの中で暴れるようになりました。

外に出たくて、羽ばたいて、嘴と動かなくなった足の
爪をケージに引っ掛けて、よじ登ってきます。

何度も落ちたりして、足の裏の爪に近いところが
4本とも血が滲んでいました。


毎週病院の予約は日曜日でしたが、次の日曜日は
旦那が仕事で通院できないので、
予約を五日目にあたる昨日に変更し受診しました。

予想通り体重が激減し、最近の暴れ具合も
良くない傾向で、1週間以内で急変するかも・・・と言われ、
わかっていたけど、もう間近という心の準備をしました。

先生に最後に「ハーブティもあげてくださいね」と言われました。

その翌日である今日、亡くなりましたが、
もう少し早く起きて様子を見ていたら
看取ってあげられたかもって思います。

私がルビを見に行った時には、隣のケージの
キュウが静かにルビを見ていました。
ルビはキュウに看取ってもらったんですね。



〈今日〉

嘴のまわりに付いた薬で、羽がゴワゴワしていたので
数日前に水で綺麗にしてあげたので、ふわふわしています。

ケージの中で暴れてる時、水入れに落ちることもあって
汚れていたお尻周辺の羽も、水で洗われ綺麗になっていました。

そんなわけで、1週間前よりは明らかに
綺麗な状態で終わりを迎えられました。



〈ルビブレンド〉

20180707IMG_2620.jpg

最初はルビだけと思い、1杯分作り、
ルビの翌朝の分だけ別ビンに移し、残りは
私が飲んでいましたが、ハーブティは娘も好きだし、
旦那も緑茶代わりに飲むかなってことで
ポットで2杯分作って冷やすようになりました。


20180707IMG_2508.jpg

このブレンドは、今後も作ります。

残り3羽にも、痛風予防でときどき与えます。
♂ネコに多いと言われる尿路結石の予防として
文太にも飲ませたい。

そしてちょっと説明しただけで飲みたがる旦那。
彼は、一時期尿酸値を減らす薬を飲んでいたから
気になるらしい。

飲酒時のチェイサーにしたり、朝食後に飲んだり、
一日一杯は飲んでいます。



〈ある日の通院風景〉

先に注意:プラケースに入れられると吐き戻しする癖が付いたので
見苦しくてすみません(-"-


ルビと都電

20180707IMG_2496.jpg


車に乗ると、外の風景が見たくて
プラケースを持ち上げないと暴れます。

20180707IMG_2497.jpg


吐き戻したエサが頭に付いたまま。。。

20180707IMG_2501.jpg

何度見ても、かわいいです。
写真というものがあって本当に良かったです。



〈ルビ〉

ルビについて思うことは、4羽の中で一番多いと思います。
語彙力が乏しくて上手く言えませんが、一番うれしかったのは
一緒に子育てをさせてくれたことです。

抱卵中の姿を見せてくれたり、
昼間のヒナの世話は私に任せてくれて、
夜から朝までは、ルビに押し付けるように返すことを
許してくれたし、ルビには信用されてるって感じました。

放鳥中、私が暇なときは雑誌等を見ながら座っていると
肩にとまり、目を閉じて休んでいる時もありました。

そんな時間がもう持てないと思うと寂しいです。

今は、痛みから解放されて、他の三羽の近くで
最後のお別れ中です。

ルビっちゃん、今までありがとう。














インコ 病気・体重 | Comments (-) | Trackbacks (-)

《インコ》 痛風


この春、10歳になったルビが痛風になりました。


一週間くらい前から、放鳥中飛ばなくなりました。
それまでは放鳥後のエサの催促をしに、よく飛んできました。

4日くらい前から、放鳥中もお腹を床につけて動きません。

20180502IMG_2379.jpg

よく見ると、いつも片足を上げているし、
止まり木からもよく落ちるようになりました。

指に乗せると、全く掴まず乗ってるだけです。

何かの拍子に足を痛めたのかと思い病院に行きました。


うちがお世話になっている動物病院には
特に鳥さんに詳しい先生が、私の知ってる範囲で4人いるのですが
この日はルビたちを初めて見てもらった先生でした。

「もう10歳ですか!? 早いですね~」なんて
おしゃべりしながら、最近の様子を話しました。

ルビの痛風の原因は、高齢のせいで
腎臓の働きが悪いからだそうです。


この日の体重は38g

普通のセキセイインコならちょうどいい重さだと思いますが
うちの仔たちは体格が大きめなので、
もうちょっと重くても許されていました(^^;

50g以上あったときは、さすがに注意されましたが
それでも50g前後の時期が長いです。

そういうことから、先生は体重が激減したことを心配していました。

入院をすすめられたけど、体重が減っている今は
入院中に落鳥する可能性もあると言われ
連れて帰ってきました。

もしも落鳥するなら、家にいれば私たちが気付けなくても
隣のケージにはキュウがいるし、姿が見えなくても
近くにランとメイの気配があった方がいいと思いました。

病院では点滴して、薬をもらいました。


「足は相当痛いはず」と言われ、底には
クッション材を敷くことをすすめられました。

20180502IMG_2392.jpg



「だったらプラケースの方が歩く距離も少なくていいかも」と思い、
こんな感じにしました。

20180502IMG_2393.jpg


でも、このあと痛み止めが効いてきたようで
羽ばたいて暴れ出しました(;´Д`)


今度こそ本当に怪我でもしそうな勢いだったので
鳥かごの底にクッション材を敷いて移しました。

力の入らない足でケージをよじ登って
止まり木に行こうとするのを見て、狭いからって
撤去していたハシゴを数年ぶりに入れたら、早速使っていました。


止まり木への移動が大変そうですが(*^^)

20180502.gif


やっと落ち着きました。

20180502IMG_2414.jpg

頑張って止まり木に乗っても、
しっかり休むときは底にいます。

年中、発情気味のルビは、底で抱卵スタイルで
休んでいたので、今までと変わらない感じです(;^ω^)



4月30日が通院初日で、昨日も行ってきました。
体重は38.4g とわずかに増えました。

これ以上悪くならないといいのですが。。。











インコ 病気・体重 | Comments (-) | Trackbacks (-)

怪我の功名

卵詰まりの続きです。

何をしても全く動かない卵をどうするか決める日が来た。

そのまま次の卵が出来る可能性があるのに
怯えて過ごすのか。
それとも手術か。

ときどき膨羽するだけで、小さい体の広範囲を切るのは
可哀想だし、術後も腹水等の心配もあるとか・・・
結局、このまま発情に気を付けながら様子を見ることになった。

これでしばらくは通院しなくて済むと思っていた。

最後の受診から4日後の夜。
キュウがルビに齧られて、足の裏から出血していた!
両足とも。

でも、すぐに血は止まったみたい。
寝る前にも覗いてみたけど、新たに血が出た様子はなかった。
その晩は、ルビとキュウを別居させただけだった。

でも次の日キュウの鳥かごの血の跡を見てゾッとした。
キュウ出血

キュウ出血2

そしてまた病院へ。
餌を食べないことを伝えると、入院を勧められたけど
慣れない場所じゃもっと食べなくなると思って断った。
その日は点滴をして、薬をもらって帰ってきた。
次は3日後にくるようにと言われ、また通院生活が始まった。

今までは太り過ぎでシードの制限をしていたけど
その時ばかりは解禁した(-_-;)

何度か通院して2週間くらいで、かなり元気になり
食べない日が続いたせいか体重が減って
上手く飛べるようになった(´▽`*)
それでも48gくらいだったけど。

その頃、キュウの鳥かごの中に卵のようなものを発見した。
なぜ「ようなもの」なのかというと、普通より小さくて
長い部分で12ミリくらい?
でも触った感触は卵だった。

病院でレントゲンを撮ったら、
全く動く気配のなかった卵が消えていた(;^ω^)

手術しなくて良かったって、しみじみ思いました。


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ





■□━━ 急げ、ドメインは早い者勝ち! ━━□■

     ■お名前.com

キュウの卵詰まり

内容は2013年の夏頃です(^^;

いつの頃からか、キュウの様子がおかしいと思い始めた。
そう思い始めてから、さらに2週間くらい気を付けて見ていたけど
やっぱりおかしい。
膨羽して、ジッとしてることが多い。

その4~5ヶ月前に無精卵を産んだこともあったから
卵詰まりかと思って、お尻を触ってみたけど、卵は無かった。

病院へ行ったら、触診では無理だったけど
レントゲンを撮ってみたら、卵の確認ができた。
骨盤内にあったから触れなかったらしい。

それからは2週間おきに2ヶ月くらいかな、受診のたびに点滴と
家では薬を飲ませ、さらに太り過ぎで卵が出ないこともあるそうで
シードも減らして、少しは痩せたけど卵の位置は変わらず(-_-;)

さらに卵が出来たら、大変なことになるから
放鳥も♂♀別に(;^ω^)

大好きだったココナッツボウルも
発情を促す可能性があるから撤去(:_;)
20130720 キュウ

長くなりそうなので続きは次回になります(^^;)


最近↓こちらを知り登録しました♪
みんなで作る鳥の楽園とりっち


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ




4月の体重と日光浴

 体重を量ったのは月曜日なのに今日は日曜日・・・(-"-;A ...

20110410IMG_4773.jpg





  ルビ:51g (10月は52g)

  1g減ったね(^.^)



20110410IMG_4776.jpg





  キュウ:48g (10月は53g)

  意外と軽くなってた♪



20110410IMG_4780.jpg





  ラン:38g (10月は39g)

  絶対に太ったと思ったけど減ってた。
  ごめんね、ラン(^^ゞ



20110410IMG_4777.jpg




  メイ:44g (10月は47g)

  メイも大きくふんわり見えるせいか、
  太ってると思ってました。。。
  失礼しました(^。^;)





  先週の、日光浴の様子。 カーテン越しだけど(^-^;
  
  今回は男子部屋でベランダへ♪
20110410IMG_4830.jpg


  外に出した直後は、
  みんな落ち着かない(^^;





  男子部屋に入った時、
  キュウが必ずやること・・・
   それは、エサのチェックです( ^∇^)



20110410IMG_4832.jpg




  落ち着く場所は、こんな感じ。

  ルビ以外は部屋の方を向き、
  戻りたそうにしてる(*^^)



20110410IMG_4835.jpg





  ルビはいつも外を見てるけど
  楽しんでくれてるといいな(^。^)




にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別(表示数指定)
検索フォーム
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: